産後 妊娠線クリーム ランキング

産後に使いたい妊娠線クリームランキング※選び方を間違えない!

妊娠中に下腹部やバスト、ヒップなどにできてしまった妊娠線を今からでもなんとかしたい!

 

 

実は産後でもまだ妊娠線をきちんとケアすることで目立たなくすることが可能です。
ここでは妊娠線ができてしまって困っている産後ママ向けに、そのケア方法や使用するクリーム選びで気を付けたい点などをまとめ紹介しています。

 

産後でも大丈夫な妊娠線クリームってあるの?

できるだけ妊娠線ができないように気を付けてはいたものの、妊婦で体が動かしにくく臨月になると鏡を見るのも一苦労になってしまうため、産後になって「こんなところに妊娠線ができている!」と嘆いているママさんも、世の中には多いのではないでしょうか?

 

この”しっかりとできてしまった妊娠線”に関しても、実は産後のケアで消したり目だたないようにすることはまだ可能なのです。

 

 

妊娠中は赤紫色の妊娠線は、主産後には白く、銀色のような模様となり産前よりは目立たなくなります。
しかしながら肌を見せられるレベルにまでなるかというと…疑問が残ってしまいますよね。

 

そこで産後からでも妊娠線を消す方法がないのかを調べてみると・・・ちゃんとありました。

 

これらの産後に残ってしまった妊娠線は、妊娠線ケア用のクリームを使いきちんと保湿を続けることで、症状を今からでも改善していくことができます。
妊娠線クリーム=妊娠中に、妊娠線ができないために使うものと思っている方も多いようですが、実は産後ママ向けに作られているものもたくさん販売されています。

 

お腹だけではなく、妊娠により大きくなるヒップや胸、体重の増加により太ももなどにできることもある妊娠線。

 

産後にケアする場合はしばらく継続してクリームなどで保湿をする必要があるため、保湿効果の高いものや価格が抑えられたものを使って工夫してコツコツケアするようにしてみてください。

 

 

産後に使う妊娠線クリームランキング1位・・・マタニティクリームmiteteの特徴
3個セットで10%オフ、定期コース加入後の3個セットなら20%オフに。
リラックスできるネロリの香り
さらっとした使用感
葉酸をたっぷり配合して肌のめぐりを助ける効果
肌がじわりと温かくなるヘスペリジンを配合
鉱物油や香料・着色料など無添加
楽天ランキング1位の経験あり

といった特徴があります。
価格 3024
評価 評価5
備考 120g(約一か月分)
産後に使う妊娠線クリームランキング1位・・・マタニティクリームmiteteの総評
累計の出荷個数は300万を超えていて、楽天ランキング1位を取得したこともある先輩ママたちも太鼓判を押す妊娠線クリームです。
肌のめぐりを助けるといわれている葉酸をたくさん配合していて、クリームもその葉酸の色・黄色をしています。肌のデコボコがつるつるに戻る手助けを、この葉酸がバッチリサポートしてくれますよ。
赤ちゃんにもママにもやさしい国内製造で、低刺激な香料・着色料・鉱物油無添加のクリームは、リラックス効果もあるやさしいネロリの香りをしていてさらっとべたつかない使用感です。
こちらのクリームは成分内容もさることながら、価格にも注目してほしいところ。
1本あたりも通常の妊娠線クリームに比べて(5000円程度するものが一般的)安く、さらにまとめ買い、定期コース加入することによって最大20%オフまで価格を抑えることができるため、継続して使用する必要があるクリームとしてはうれしいポイントです。

産後に使う妊娠線クリームランキング2位・・・アロベビーフォーマムの特徴
発売記念の特別特価で10%オフ3208円
3本セットなら20%オフ、送料無料の8554円
使いやすいプッシュポンプタイプ
10倍保湿+24時間持続保湿=W保湿効果
シリコン・パラベン・フェノキシエタノール・鉱物油・動物由来原料・ラフィンなど12種類が無添加
肌荒れ、かゆみケア成分配合
価格 3208
評価 評価4
備考 200ml(約1・5か月分)
産後に使う妊娠線クリームランキング2位・・・アロベビーフォーマムの総評
これといって産後のケアになどとの記載はないのですが、すぐに潤って継続する&10倍潤うのW保湿効果は産後の妊娠線ケアにももちろん適しています。
このクリームはさらに、産前産後はホルモンバランスの影響によりかゆみや肌荒れが生じやすい点に着目しそれも追加でケアできるよう肌荒れ・かゆみケア成分として7種類の天然成分が配合されています。
かきむしってしまうと当然、肌にはよくありません。妊娠中からかゆみなどを感じていたママさんにおすすめです。
また価格面においても、容量が多く1・5か月分も入っていること、3本セットなら1本あたり2851円と3000円を切る価格で本格保湿ができるクリームを購入できるためかなりGOODなのではないでしょうか。

産後に使う妊娠線クリームランキング2位・・・ベルタマザークリームの特徴
定価6980円のところ、定期コース申し込みで500円に
2回目以降は4980円、6回縛りあり
子どもに使ってもOKの安全性(無添加)
たまごクラブなど雑誌に多数掲載
出産経験のあるスタッフによる開発、サポートあり
美容成分をたっぷりと配合
シラノール誘導体配合(潤いを届ける)
角質から徹底ケア
価格 初回500
評価 評価3
備考 120g(約一か月分)
産後に使う妊娠線クリームランキング2位・・・ベルタマザークリームの総評
初めての妊娠でたまごクラブと買ったときこの商品を目にしたことがあるという人が多いのではないかと思うくらい、とても有名なクリームです。
価格は定価6980円のところ(一見、高いですが他の商品をいくつか並べても特別高いということはありません)定期コースに加入することで初回は500円で試すことができます。
ただし気を付けてほしいのは定期コース=6回必ず購入する必要があるという点。2か月目以降は4980円となり、6か月の総額は25440円となるため1位・2位のクリームに比べると一番高いものとなっています。
ただしその値段に見合う保湿力、美容成分などが期待できるためそこに惹かれるものがあるなら、もちろん”買い”です。

 

 

 

 

産後の妊娠線ケアクリーム、おすすめはマタニティクリームmitete!

産後になってから妊娠線をケアして少しでも薄くしたいというママさんにおすすめのお手頃価格かつ保湿力の高い妊娠線クリームをピックアップしてみましたが、イチオシはやっぱり位のマタニティクリームmiteteです。

 

 

保湿するだけならさらにお値打ちな薬局などでも購入できる保湿クリームも使えなくはないのですが、これらはにおいがきつかったりベタついたり、赤ちゃんを触る手にはあまり好ましくない添加物・香料などが含まれている場合が多いです。
一番肝心な保湿力も、2000円〜の妊娠線ケア専用クリームに比べて不足している恐れがあるため、やはりイマイチなのではないでしょうか。

 

高いものだと5000円〜7000円くらいする妊娠線ケアクリームですが、1位のmiteteは最安値だと1本あたり2419円(一日あたり約81円)にまで価格を抑えることができます。
こちらは添加物に対する不安もなく、べたつきのないさらっとしたクリームで保湿力は十分と継続してケアする際に使用するクリームとして申し分のない内容となっています。

 

できてしまった妊娠線をあきらめたくない、少しでも薄くして産後もビキニをきてプールや温泉を気兼ねなく楽しみたいママさんはマタニティクリームmiteteを使用してケアしてみてはいかがでしょうか?

 

 

page top